1. マカ講座TOP
  2. 促成栽培野菜の対極にあるマカ( P14 > P15 > P16 > P17 > P18

錠剤マカ(120粒)を1,890円(配送料・決済手数料無料)でお試しいただけます

第1章 マカが注目される理由 ~高地ペルーにみるマカの力~
促成栽培野菜の対極にあるマカ P18

こういった環境のなかで、本当の自然栽培で育てられている野菜、植物は何か、どこにあるのかと探したとき浮上してきたものの一つがマカだったといえるかもしれません。農薬、化学肥料をまったく使わない土地で栽培され、安全な大地の養分をじっくりと時間をかけて自らに摂り込んだマカには、密度の濃い栄養成分が満ちています。先進諸国の流通を最優先して生産される野菜とはまったく違う魅力的な野菜です。

また、日本には海外の野菜も大量に輸入されていますが、同じ栽培方法の日本産の野菜と比較しても、輸入品は輸送にともなう時間経過により栄養素は少なくなり、農薬、化学肥料の危険性も気になります。さらに野菜の輸送中に用いられるポストハーベスト(殺菌剤、防カビ剤など)は発ガン性の問題も深刻で、安全性が憂慮されてきました。これらと完全に無縁のマカが注目されるのは必然だったともいえるでしょう。

現在、マカはペルー政府の国策事業ともなっています。なかでも高品質なマカの栽培地、アンデス山脈のボンボン高原においては、現地の人たちの生活水準を上げる目的もあり、農業大学の指導によりマカの栽培、収穫が行われています。このマカが加工され、最終的にさまざまなパッケージングがなされ、消費者の手へと渡ることになります。 >> 続きを読む

促成栽培野菜の対極にあるマカ( P14 > P15 > P16 > P17 > P18 ) > 歴史が裏付けるマカの価値

初回お試しキット購入はこちら